Lyrics

ナミダ

歩くこと 躊躇う心
口から出任せに騙くらかしても
聞く耳持たない
柄にもなく 恋でもしようかと
思い立てども 古い傷痕
ズキンと痛む

見上げれば
空が綺麗だな
いつかのように
我関せずと
暮れてゆく

一難去ってまた一難
哀しいよ、もうちょいくらい待ちなよ
それがナミダんなって形をなして
僕を置いていくよ
そっとしておいて欲しいのと
ちょっと声かけて欲しいのが
混ざり合って、心を惑わして
僕を置いていくよ

同じこと聴くようだけども
愛されるより愛したいってのは
冗談なんでしょ

煌めいた視界の外
僕ら、星屑のように
鳴りやまぬ感動と
トキメキを

零れ落ちる涙
どう考えても僕のせいだ
強がりなはずのきみがさ
肩震わす
とても不謹慎なんだけど
なんか心が優しくなれたんだ
きみの涙、見れたこと
嬉しかったよ

愛してると言ってしまう僕の弱さを君はいいねと言い
返らぬ声を待ち呆けるうちに乾くプライド

今日も

一難去ってまた一難
哀しいよ、もうちょいくらい待ちなよ
それはナミダんなって形をなして
僕を渇かすよ
そっとしておいて欲しいのと
いっそ消え去ってしまいたいのが
混ざり合って、心を惑わして
僕を連れていくよ

  • 1st single monochrome
  • 2nd single つまり
  • 3rd single ナミダ
  • 4th single
    希望のうたが聴こえてくるなら
Go Home